U.S.キッズゴルフジャパン

ホーム :: USKG 商品取扱店 :: USKG トーナメント ::  USKG ニュース :: USKG フォト :: お問い合わせ  

 

オンラインショップ


中級/上級者用
ツアー・シリーズ (TS)
初者用
ウルトラライト (UL)

ゴルフシューズ

ゴルフウェア

アクセサリー

スーパーセール


 

U.S. Kids Golf Tournaments
Yardage, Rules and Regulations


年齢グループ&ヤーデージ

男子
ティー
ヤード数 (+/- 5%) ホール数
15才 ホワイト 5600 18
14才 レッド 5200 18
13才 レッド 5200 18
12才
レッド
5200
18
11才
レッド
5200
18
10才
レッド
5200
18
9才
レッド
2500
8才
イエロー
1900
7才
グリーン
1100
6才以下
グリーン
1100
女子
ティー
ヤード数 (+/- 5%)
ホール数
15才
レッド
5200
18
14才
レッド
5200
18
13才
レッド
5200
18
12才
レッド
5200
18
11才
レッド
5200
18
10才
レッド
2500
9才
イエロー
1900
8才以下
グリーン
1100

U.S. Kids Golf
ルールと規定

競技は、2014−2015年度JGAルール及びローカルルールと、U.S. Kids Golf競技委員会の状況判断に基づき行われる。

< USキッズゴルフの方針 >

失格についての方針 Disqualification Policy
10ショットルール (9才以下対象) Ten Shot Rule 
ティー時間の遅刻 Time of Starting/late to tee
プルカート/プッシュカートの使用 Pull Carts
行動規範 Code of Conduct
ドレスコード(服装) Dress Code
喫煙と飲酒 Tobacco & Alcohol
電子機器 Electronic Devices
距離測定器具 Distance Measuring Device
アウト・オブ・バウンズ(OB) Out of Bounds
ウォーターハザード Water Hazards
ラテラルウォーターハザード Lateral Water Hazards
ドロップゾーン Dropping Zones
修理地 Ground Under Repair
花壇 Flower Beds Identified by Blue Stakes
芝のつなぎ目のボール Sod Seams for Lie of Ball Only
地面にくいこんでいるボール Embedded Ball
< 大会条件 >
ゴルフボール Golf Balls
ホール間の練習 Practice between holes
大会結果 Result of the Competition
プレーの中断と再開 Signals for Suspension and Resumption of Play
安全のために Safety Announcement
< その他の方針 >
プレーのペースに関する方針 Pace of Play Policy
キャディに関する方針 Caddie Policy
カートに関する方針 Cart Policy

USキッズゴルフの方針

失格についての方針  Disqualification Policy
選手は、ゴルフルール違反により失格となることはない。その代わり、失格に相当する違反があったホール全てを10打とする。
ラウンド又はそのホールが終了している場合は、最後のホール又は違反をしたホールのスコアを10打とする。
例外: 選手又はキャディは、行動規範に反した場合、又は無許可で電子機器を使用した場合は失格となる。

10ショットルール  Ten Shot Rule (9ホールの選手対象)
選手は1ホールに10打よりも多く打ってはいけない。10打に達した場合は、ボールを拾い、
他の選手がそのホールを終えるのを待つこと。

ティー時間の遅刻  Time of Starting/late to tee
選手がティについてプレーの準備ができた状態になるのが、スタート時間から5分以内の遅れの場合、最初のホールに2打罰を付ける。
5分以上の場合、遅れたホールは全て10打とし、遅刻したホールの途中からはプレーすることができない。次のホールのティからプレーすること。

プルカート(プッシュカート) Pull carts (Push carts)
プルカート/プッシュカートはゴルフ場で禁止されていない限り使用を許可される。

行動規範 Code of Conduct
暴言、クラブを投げる、不正行為、委員やボランティアに対する無礼な言動、ゴルフコースや施設への破壊行為、ごみの投げ捨て、などの行動規範に反する不適切な行為があった場合、USキッズゴルフはいかなる選手、キャディ、見物人も退去させる権利がある。繰り返し行う場合、今後の競技参加不可となる。

ドレスコード(服装) Dress Code
選手とキャディは、以下のドレスコードに従うこと。
ゴルフにふさわしい服装。メタルスパイクは禁止。極端に短い半ズボン、水着、デニム生地のもの、Tシャツ、タンクトップなどは禁止。シャツはズボン(スカート)に入れること。不適切な服装の選手とキャディは競技に参加できない。トレーニングパンツも禁止。
◎ゴルフコースにおいて
帽子、バイザーをつばを前にしてかぶること。
建物の中では、男性は帽子、バイザーを脱ぐこと。シャツは常にズボンの中に入れること。
女子のフィットタイプのシャツは入れる必要はないが、適当な長さであること。
練習場、ホテル、クラブハウスなどの施設においても適切な服装でいること。

電子機器 Electronic Devices
携帯電話、ヘッドフォン、カメラ、などの電子機器はプレー中使用禁止。
救急処置が必要な場合など、緊急時は携帯電話を使用してもよい。
1回目の違反:2打罰、2回目の違反:失格

喫煙と飲酒 Tobacco & Alcohol
大会の間、選手又はキャディによる喫煙と飲酒は禁止。
 1回目の違反:警告 / 2回目の違反:失格

距離測定器具 Distance Measuring Device
選手は、距離の測定にのみ器具を使用することができる。
距離測定以外の機能付器具は使用禁止。違反者は、使用したホール全てを10打とする。

アウト・オブ・バウンズ(OB) Out of Bounds
白杭またはフェンスによって表示する。その内側の、最も杭、又はフェンスに近いところからOBとなる。OBが地面の白線で表示されている場合は、白線そのものもOBとなる。
一般道路に停止、又は横断したボールは、たとえ反対側のコースに落ちた場合でもOBとみなされる。

ウォーターハザード  Water Hazards
ウォーターハザードの限界は黄線と黄杭によって明示される。線がない場合、杭をもってハザードの
限界を明示する。

ラテラルウォーターハザード  Lateral Water Hazards
ラテラルウォーターハザードの限界は、赤線と赤杭をもって明示する。
線がない場合、杭をもってハザードの限界を明示する。

ボールのドロップゾーン  Dropping Zones
ドロップゾーンは、白線で囲まれ、”Dropping Zone”と表示されたエリア又は、“DZ” と書かれた場所である。
ドロップゾーンは、修理地ではない。白線上も ” dropping zone”に含まれる。
ドロップゾーンに入り、転がってラインの外に出たボールはインプレーの球であり、ドロップしてはならない。

修理地  Ground Under Repair
修理地は白線をもってその境界を明示する。白線の上も修理地とみなす。明示がない箇所も、
排水溝 (石などで埋められた堀)やカミアリ(毒をもったアリ)の巣や蟻塚は修理地とする。

花壇 Flower Beds Identified by Blue Stakes
青杭で表示された花壇は修理地とみなす。無罰で救済を受ける。

芝のつなぎ目のボール Sod Seams for Lie of Ball Only
無罰でボールを拾いプレーできる。救済「スルーザグリーン」参照
ボールの場所が芝のつなぎ目という「異常なグラウンド状態」にある場合のみ適用。
スタンスやスイングに邪魔になるという理由では適用されない。Appendix I, Page 129

地面にくいこんでいるボールを拾う Lifting an Embedded Ball
地面にくいこんでいるボールは、無罰でボールを拾いプレーできる。ルール本 救済「スルーザグリーン」を参照

大会条件
ゴルフボール  Golf Balls
選手はUSGAの公認球リストに掲載されているブランドのボールのみ使用できる。
違反:違反のボールを使用したホールは10打

ホール間の練習  Practice between holes
ストロークプレーの競技ではホール間の練習は許されない。違反は次のホールにペナルティが科せられる。

大会結果  Result of the Competition
全てのスコアが公式スコアボードに掲示されUSキッズゴルフにより承認された時、
結果が正式に公表されたとみなす。

プレーの中断と再開 Signals for Suspension and Resumption of Play
1度の長いサイレン、ホーン、又は競技委員のかけ声などにより、プレー中断の指示が出された時は、選手はただちにプレーを中断して避難すること。練習エリアは、危険な状況下では、委員会により再開の発表があるまで使用できない。違反した者はプレー再開後初めのホールを10打とする。
プレーの再開は、2度の短いサイレンの繰り返し、又は委員のかけ声による。
選手は各自の責任でプレー再開に備えておくこと。
再開後、プレー開始に遅刻した場合は、遅れたホールは10打とする。
そのホールではプレーできず、次のティーからとなる。
選手が危険な天候(稲光、竜巻、ハリケーンなど)であると判断した場合は、警告音が聞こえなくても
プレーを中断して避難所を探してもよい。様子を見て選手は競技委員に報告しなければならない。
悪天候(雨、風、高気温など)はプレー中断の理由にはならない。

安全のために Safety Announcement
◎ トーナメント参加中は危険なこともあります。選手が危険な天候(稲光、竜巻、ハリケーンなど)であると判断した場合や体調が悪くなった場合など、正当な理由がある時には、プレーを中断して避難所を探したり救急処置を受けるなどすること。
◎ コース上や練習場では周囲に気を付けること。他の人のクラブやボールが当たる可能性がある。
(もちろん他人に自分の振ったクラブやボールを当てないようにも気を配ること)
◎ ゴルフカートに乗る時(練習ラウンドのみ)は、メーカーの注意事項を読むこと。
※ カート乗車やクラブ、ボールによる事故は重症や死亡の原因にもなる。
◎ オープニングセレモニー、表彰式、パーティなどのトーナメント関連のイベントに参加する際は、
各自、子供の行動が周囲にどのような影響を与えるかしっかり目を配ること。

緊急事態が発生した場合は、安全で楽しい環境を作るよう参加者全員が協力してください。
医療措置が必要な場合は大会中いかなる場合でも携帯電話の使用を許可する。

その他のU.S. Kids Golfの方針

<プレーのペースについて>  Pace of Play Policy
USキッズゴルフのプレーのペース方針は、選手が適正な時間内にラウンドし、全員が気持ちよくプレー
できるようことを目的に設定されたものである。

プレーのペースの要素
1組のプレーのペースは2つの要素からなる
1. タイム・パー:その組が、パーごとにあてられた時間に対してプレーするのにかかった時間
2. 位置:その組の、ゴルフコースでの前の組との位置

タイム・パー  Time Par
各ホールでパーの数により時間が割り当てられている。(パー3:14分、パー4:15分、パー5:16分)
全9ホールプレーヤーは、ホールごとに1分余分に与えられる。
折り返しやコースの指定されたホールなどで、競技委員の判断で余分な時間を与えられることがある。

適正な位置  In Position
その組は、前の組から14分以内にホールを終了した時に適正な位置にいるとみなす。全ての組は、最終ホールで、前の組から17分以内に終了していること。最初の組は前の組がいないため、かかった時間で判断される。

プレーのペース・ペナルティ  Pace of Play Penalties
その組が連続してレッドカードを受け取った場合、2回目のレッドカードでその組の全員が1打罰を科せられる。
1回目のレッドカードの場合、次のチェックポイントでグリーンカードを得ることで1打罰は無効とされる。

プレーのペース・ペナルティに対する抗議  Appealing a Pace of Play Penalty
選手は、プレー終了後、スコアカードを提出する前に、プレーのペースに対して科せられたペナルティに対して抗議することができる。競技委員会が理由と状況を検討し、その選手のペナルティを無効にすることがある。

プレーのペースについてのアドバイス  Pace of Play Tips
・ 自分の組がグリーンカードでも、常に“準備のゴルフ”をすること。
・ 自分の打つ番が来る前に準備していること。
・ OBやロストボールの疑いがある場合は暫定球を打つこと。
・ ルールが不確かな場合は2ボールでプレーすること。
ラウンド終了またはルール委員が判定するまで2ボールでプレーを続けること。
スコアカードを提出する前に、どちらのボールのスコアを採用したいかルール委員に伝え、
状況を競技委員会に報告した上で認められればそのスコアを採用する。
これはルール委員が到着するまで時間を節約するための処置である。

レッドカードを受け取ったら
◎ ショットとショットのルーティーンを向上させましょう。
ショット前のルーティーンがプレーに影響しなくなります。
◎ 目的を持って歩きましょう。走る必要はありません。
◎ ボールのところに素早く移動しましょう。
たとえ同組の選手がボールを探していたり、ハザードで救済を受けていたり、
競技委員に裁定を受けていても同じです。
<キャディに関する方針>
8才以下の選手は13才以上のキャディを付けなければならない。9才以下の選手もキャディの帯同を推奨する。

キャディに関する重要なルール  Caddy Policy
1. 選手は、キャディに、ストローク中、プレーのライン延長上やライン上や近く、又は次に
目標とするポイントを指示するためにボールの後方につかせてはならない。ストローク前であれば、この行為は許されるが、選手がストロークを開始したら直ちに移動しなければならない。 違反の場合は、2罰打。

2. 選手のボールがパッティンググリーン上にある時、選手又はキャディは、ストローク前に
パッティングラインを指摘することはできるが、グリーンに触れてはならない。
パッティングラインを示すいかなる印も付けてはならない。 違反の場合、2罰打。

3. 選手のボールは、次のものに当たってはいけない。
(ア) 人が付き添っていたり、取り除かれていたり、さしあげていた旗竿
(イ) 旗竿に付き添っている又は、さし上げている人
(ウ) ボールがグリーン上でストロークされた場合で、ホールの中に立っていて、人に付き添われていなかった旗竿違反の場合、2罰打。(そのボールはあるがままにプレー)

4. キャディとは、ルールに従って選手を助けたり、選手のクラブを運んだり、扱ったりする者のことである。
選手はキャディを1名のみつけることができる。選手はキャディを交代、又は排除することが
できる。自分のキャディ以外の者は選手にアドバイスを与えてはいけない。

キャディのルール違反は、選手のルール違反と同じ扱いを受ける。
キャディはルールを理解し、選手がルール通りにプレーする手助けをしなければならない。
競技委員がコース内を巡回しているので、問題がある時は声をかけること。

<カート使用に関する方針> Cart Policy
乗用カートはメーカーのガイドラインに沿って操作すること。シート以外に座ることは禁止。

 

 

 

 

© 2017 U.S. Kids Golf Japan, All Rights Reserved